デイサービスの見学 見るべき10のポイント

デイサービスの見学に行きたいけど、正直何を見たらいいのか分からない…

という方のために、全10項目のチェックシートを作りました。

利用者が楽しそうにしているかとか、スタッフが生き生きと働いているか、といった曖昧なチェック項目はありません。

皆さんが、より安全快適に過ごせる施設を探し出すためのチェックシートになっています。

その前に…

見学するためには

まずは、事前に予約を取りましょう。

施設長は会議などで外出することも多いため、いきなり押しかけるのはやめましょう。

方法としては、電話で予約するのが一般的かと思われます。

自分で直接、その施設に電話を掛けることもできますし、担当のケアマネさんを介して予約を取ることもできるでしょう。

ご本人もしくは家族が電話を掛ける場合でも、担当のケアマネさんにはそのことを事前に伝えておきましょう。

その施設に関するいろいろな情報を事前に得られるかもしれません。

見るべきポイント

いろいろ見るべきポイントはありますが、10項目に厳選しました。

それぞれ、“良い・普通・悪い”の3段階で評価し、点数は左から順に“10点・5点・0点”としました。

最後に合計点を出します。

簡単チェックシート

 

① 送迎の車の乗り降りのしやすさ ( 良い ・ 普通 ・ 悪い )

② スタッフの挨拶 ( 良い ・ 普通 ・ 悪い )

③ スタッフの声の聞き取りやすさ ( 良い ・ 普通 ・ 悪い )

④ 利用者から見えるところにスタッフがいる ( いる ・ いたりいなかったりする ・ いない )

⑤ 部屋の温度 ( 快適 ・ 普通 ・ 不快 )

⑥ 施設内を安心して歩ける ( 歩ける ・ 普通 ・ 歩けない )

⑦ ところどころ、老朽化している ( していない ・ 普通 ・ している )

⑧ トイレに呼び出しブザーがついている ( ついている ・ 一部ついている ・ ついていない )

⑨ 椅子の立ち座りがしやすい ( 良い ・ 普通 ・ 悪い )

⑩ 救急車がすぐ近くまで入っていける ( 入れる ・ 微妙 ・ 入れない )

 

得点:( 10点 ・ 5点 ・ 0点 )

  合計得点:        点/100点

あなたが見学した施設は何点だったでしょうか?

もちろん、ここに挙げた以外にもチェックすべきポイントはいっぱいあります。

ですが、ここに挙げた10項目をクリアしている施設であれば、ある程度安心して利用できるでしょう。

高得点の施設ほど転倒の危険も少なく、万が一の事故の際にも迅速に対応できると思われます。

ただ、施設スタッフの目の前で、このチェックシートをつけないでください。

嫌われます。